時代錯誤の古い看板もあれば最新型の看板もある

看板を見て町を歩こう

看板を意識して町を歩いてみるといろいろな発見があります。生活の中に当たり前にある看板は、それだけ必要価値が見出されているため看板を観察する人はほとんどいません。サブカルを趣味に持つ人やマニアの人でなくても機会があれば看板をじっくり見て頂きたいものです。絵を描くのが好きな人、モノづくりを愛していると言う人には是非ともオススメと言えるでしょう。何故ならば看板はアートであり、歴史や愛情がこもっっている作品としても楽しむことが出来るからです。

時代と共に看板も進化している

今や電子が飛び交う情報化社会では、あらゆる分野において高い水準の技術を持っています。看板製作においても機械を使った看板も多くあります。昔ながらの行燈も内部構造は現代の科学技術が駆使してあったりするのです。電球を使っている看板は消えつつあり、LEDを使用した省エネ型の看板が主流になってきています。文字が流れる看板や店内からキャッチフレーズや客引きの言葉をリアルタイムで入力出来る看板もあります。看板も時代に合わせて進化していると言えるでしょう。

看板は目立つことが大事

LEDを駆使した新しいタイプの看板も多くなっていますが、アンティークな木の看板や手作り看板も目にすることが出来ます。看板の目的は人を集めることとショップをアピールすることです。人を惹きつけるための看板には新しい物が良いとは限らず、古く時代を感じさせる看板も必要なのです。看板は目立つことが大事ですから、最新型の看板が多い商店街なら、あえて古めかしい看板を設置することで集客力を上げることが出来るかも知れません。

看板があると、それを読んで興味を持ったお客さんがたくさん集まってくれるため利益のアップにつながります。