自営業のやり方はいろいろ!業態別特徴と準備しておきたいこと

どんな業態で自営業を始めるか?

自営業をやっていく方法はいろいろあります。代表的な業態としては、魚屋、スーパーなどの商品を仕入れて販売する物品販売業、コンサルタントや、美容院、お掃除サービスなどのサービス業もあるでしょう。さらには、パン屋、ケーキ屋、レストランなどの食料品関係の仕事、場合によっては工場設備のある製造業など、選択肢はいろいろあります。もちろん自分が得意とする業種で勝負するのが基本ですが、それぞれ初期の設備投資がどの程度必要かでずいぶん違いますので、資金面からどの業態を選ぶか考えるのも一つの方法かもしれません。

事業を始めるにあたって準備しておきたいこと

自営業者として事業を始めるにあたって用意しておきたいこともいろいろあります。店舗や事務所が必要な仕事であれば、事務所を借りるなり自宅を改装するなりなんらかの準備が必要になるでしょう。また、リアルの店舗だけでなく、ホームページもしっかり作っておくことは大切です。店舗を見て興味を持った場合、ネット検索をして情報収集してから行ってみようと考える人が増えていると言われています。さらに、最初の商品の仕入れや、アルバイトの採用等も必要になるでしょう。

自営業で暮らしていくために考えておきたいこと

また、事業とは直接関係ありませんが、自営業者として知っておかなければいけないのが、社会保険の変化でしょう。医療保険は国民健康保険へ、老後の年金は国民年金だけに加入する形になりますが、会社員と比較すると保障が小さくなることは否めません。付加年金や国民年金基金、確定拠出年金制度を活用して老後資金の対策をしたり、医療保険に加入して病気や怪我の対策を万全にする等の対応も必要になることを覚えておくといいでしょう。

フランチャイズで開業をする場合には数多くの募集が掲載されている専門の情報サイトを利用すると良いでしょう。