ひとつの企業だけじゃない!?最近の代理店の商品知識

代理店が扱う商品数が増加

企業と業務委託契約を結び、その企業の商品を現場レベルで販売することが代理店がおこなう業務になります。代理店で働く人の多くは、その企業の社員ではないことが多いです。昔は代理店といえば、契約を締結している企業だけの商品を扱って販売していることが多かったです。最近もそのように専門的に販売をおこなっている代理店がありますが、扱っている商品によっては、ひとつの代理店で多くの企業の商品を販売しているケースが多くなっています。

消費者のことを考えると便利

その代表的なものは保険商品です。昔はひとつの保険会社の商品しか取り扱っていないケースが多かったですが、消費者のことを考慮すると、多くの商品を比較して検討したいという希望が多く、そのために多くの保険会社の商品をひとつの代理店で扱うことになったのです。消費者としては、ひとつの代理店に行くだけで、似たような保険商品であっても、それぞれの会社の特徴を把握しながら比較検討をすることができるようになり、消費者にとっては便利な環境になっています。

豊富な商品知識を持つこと

逆にそのような環境になると、代理店に求められるものは、それぞれの企業の商品知識を持つことです。消費者からの質問に的確に回答できることが代理店自体の信頼関係を維持するためにも必要になります。そのため、従来はひとつの企業が扱う商品だけを勉強して知識を得ていればよかったのですが、最近では似たような商品であっても取り扱う企業の数だけの商品知識が必要になります。そしてそれぞれの商品の特徴やメリットを比較して説明できる知識まで必要になります。

代理店の募集を行う会社は多く存在するので、見積もりを多社からとって、少しでも安価な条件で契約する必要があります。