起業して初めてのレンタルオフィスの選び方

大きなオフィスを借りられなくとも

世の中が不況であるとはいえ、起業をしようとする人は多くいるものです。そんな人にとって、オフィス選びは何よりも重要なものになります。オフィスがどの程度の規模なのか、また立地がどこにあるのかによって、企業の信用にも関わってくるからです。とはいえ起業したばかりであると、お金もたらず、不動産会社からもなかなか信用してもらえずに、大きなオフィスを借りることは難しいものです。そんな時役に立つのが、レンタルオフィスというものです。

レンタルオフィスって?

レンタルオフィスというのは、一般的な賃貸オフィスと違って、ワンフロアの中の更に一区画単位で貸し出しているタイプの貸しオフィスのことを言います。ワンフロアの更に小さな区画だけを借りることができるため、費用をかなり抑えることが可能なのです。それだけでなく、いわゆるオフィス家具が備え付けてあるケースがほとんどであるため、初期費用の削減に貢献してくれます。都心の一等地であっても安価な賃料で借りることができる新しいタイプの貸しオフィスなのです。

法人登記ができるかどうかの確認を

確かに安く借りることができるレンタルオフィスですが、もちろんいいことばかりではないものです。オフィスによっては、本社として法人登記をすることができないケースもあったりするため、事前によく確認しておく必要があります。また社会的信用の面でも、一般的なオフィスと比べると見劣りするところがあることは否めません。したがって、起業する際には非常に割安かもしれませんが、事業が軌道に乗るまでのスタートのためのオフィスと割り切って借りるようにすると良いかもしれません。

オフィスを設置する初期費用を抑えることができるのがレンタルオフィスです。収入が少ない起業当初を支えてくれます。